スキンケア

健やかな肌を効果的にゲットしよう!頼れる優秀美容液②

栄養や高濃度の美容成分を通じて、肌を効果的に整えてくれる「美容液」は、更なる美肌を手に入れるため、是非とも取り入れたいスキンケア・アイテムです。

しかしながら、様々なブランドが数えきれないほどの製品を手掛けているため、どれを使うべきか判断しかねている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は私が実際に試した美容液の中から、自信を持ってオススメできると感じたアイテムをピックアップの上、その概要を紹介したいと思います。

以前にアップした同一テーマの記事と併せ、美容液選びの一助としていただければ幸いです^^

健やかな肌を効果的にゲットしよう!頼れる優秀美容液①今回は私が試した美容液の中から、自信を持ってオススメできると感じた優秀なアイテムをピックアップの上、その概要を紹介したいと思いますので、美容液を選ぶ際の一助としていただければ幸いです^^...

イヴ サン ローランのピュアショット ナイトセラム

もともとコスメは「イヴ サン ローラン(Yves Saint Laurent)」で買い求めることが多いのですが、最近出会った「ピュアショット ナイトセラム」も、一回の使用で即気に入ったアイテムです。

日々の生活や環境によって崩れやすくなる肌の絶対成分バランスに着目し、モロッコ産のムーンライトカクタスをブレンドした二層式セラムによって、翌朝出会う肌に、なめらかな手触りと艶やかさ、冴えわたる透明感を与えてくれるこちらの美容液。

他の美容液やアイクリームも併せて取り入れる場合は、ナイトセラムを先に使用します。

〇ピュアショット ナイトセラムの使用方法
1.夜、化粧水で肌を整えたあと、ナイトセラムを容器ごとよく振って、2つの層がよく混ざったら完了。
2.2プッシュを手のひらにとって、両手でなじませます。一度手のひらにとることで、うすく均一に塗布できます。
3.顔全体と首へ、肌を包み込むようにプレス。最後に、あご・額・頬を両手でやさしくプレスします。

一年に一晩だけ甘い花を咲かせるというモロッコ原産のサボテン・ムーンライトカクタスのオイルが効いているのか、実際に肌へひろげてみて、その濃密な使い心地にウットリ!

またムーンライトカクタスの花からインスパイアされたグリーンフローラルの香りも心地よく、快適な眠りへ導いてくれるかのようです。

とにかく使用感が気に入ったわけですが、“翌朝、見違える ツヤ・メイクのりへ”という謳い文句のとおり、朝目覚めたときのもちっとした肌触りやツヤ、化粧のりを確認し、更に感動。

即効性があるのも、ピュアショット ナイトセラムの大きな魅力と言えるでしょう。

なおこちらの美容液に関しては、スターターキットや定期便のシステムも導入されているので、気になる方は一度公式サイトに目をとおしてみてください^^

アルビオンのエクラフチュール d

続いてピックアップする「アルビオン(ALBION)」の「エクラフチュール d」は、今日のダメージを防いで未来まで美しさを守る、“毎日、キレイをアップデートする”美容液。

肌がすこやかであり続けるために、うるおいをあたえることで外部環境からまもり、積極的にサポートすることによって、ベストなコンディションに導いてくれるアイテムです。

使用方法は、洗顔のあとにポンプ2~3回分くらいを手のひらにとり、顔全体になじませるというシンプルなもの。

実際に使ってみると、みずみずしい感触及びやさしい香りに、肌のみならず心までほぐれていくような感覚を抱きます。

角層にすいこまれるように素早く浸透した美容液は、角層のすみずみまでうるおいで満たしながら、肌本来のすこやかな働きを助け、しっとりとしなやかな美しい肌を実現。

アルビオンのアイテムはどれも非常に質が良いと耳にしてはいましたが、自分が取り入れてみて、なるほど長きにわたり多くの人に愛されるわけだと納得することができました。

癒しと潤いを同時に与えてくれる、誰しもに好まれそうな美容液ですね!



スポンサーリンク
?

オバジのC10セラム

“スキンケアは単なる美容ではない。人の健康につながる大切なもの”という考えのもと、一時的な癒しや表面的な対策ではなく、確かな結果、内側から湧き出る健康を目指して、ロート製薬にしかできない“皮膚科学に基づいたスキンケア”を提供する「オバジ(Obagi)」。

そのはじまりは、ロサンゼルスで活躍するスキンケア研究者・オバジ氏による「SHR理論」と、ロート製薬との出会いだったそうです。

肌本来の力を活かし、健康的で美しい素肌を目指す「SHR理論」。

オバジ氏が唱える、この“真のスキンケア”を実現するため、ロート製薬が創業110年を超える月日の中で培った、製剤開発における研究力と技術力を結集。

日本人の肌に合うよう改良を重ね、確かな効果を追求し続けた結果、オバジというブランドが誕生するに至ったのです。

さて私がオバジを手に取ったのは、近所のドラッグストアが最初でした。

そのころの私はとにかく毛穴が気になっていて、どうにか改善できるアイテムはないかと店頭を物色していたところ、美容部員の方から同ブランドを勧められたというわけです。

なお透明感あふれだす肌へ導き、毛穴やキメの乱れといった肌トラブルへマルチに働きかけるオバジのピュアビタミンC配合美容液「オバジCセラム」のラインナップは、以下のとおり。

〇オバジCセラム 商品一覧
・C25セラム ネオ
大人の5大肌悩みに対応。毛穴からハリまで全方位ケア
悩みレベル★★★★★★
・C20セラム
キメ、ざらつき、毛穴、透明感のなさが気になる方に
悩みレベル★★★★★
・C10セラム
特に毛穴が気になり始めた方に
悩みレベル★★★★
・C5セラム
キメ、ざらつきが気になり始めた方に
悩みレベル★★★

私はまさに“特に毛穴が気になり始めた方”というわけで(笑)、「C10セラム」を購入。

ピュアビタミンCとビタミンEを配合したオバジの独自処方の美容液で、新たにアドバンスドCコントロールを配合し、高浸透処方が進化したといいます。

角質にうるおいを与え、キメやざらつき、毛穴など、さまざまな肌悩みに対して多角的にアプローチする、こちらの美容液。

朝晩、化粧水で肌を整えたあとに適量(3~4滴)を手のひらにとって顔になじませると、つるつるとつやめく、目をみはるような透明感に導いてくれます。

華美でない、まるで実験室に並んでいるような見た目のパッケージも、いかにも“効きそう”で良いですね。

手のひらに乗せると、少し香りが独特かな~とは感じましたが、個人的には気にならず。

スーッと馴染んでくれて、使い心地も上々です。

ちなみに私は、うるおいを守りながら毛穴の黒ずみ・角栓詰まり・ザラつきをしっかり取りのぞくという、「オバジC酵素洗顔パウダー」も併せて取り入れてみました。

キメが整い、なめらかでつるりとした透明感あふれる肌に導く本アイテム。

毛穴汚れにお悩みの方・あごや額などのざらつきが気になる方・肌のくすみが気になる方には特にオススメということで、まさに私のために開発されたような洗顔パウダーです(笑)

使用頻度については、酵素の洗浄力を考慮して、1日1回で良いとのこと。

なお泡立ちが少々弱いため、泡立てネットを駆使してはみたのですが、泡立ちと汚れ落ちは比例していないらしく、実際には酵素でしっかり汚れ落ちしているので、安心して良いそうです。

さてオバジの2アイテムを使ったところ、割と短期間のうちに、気になって仕方がなかった毛穴の黒ずみが、随分改善したみたい!

個人的な感想を述べれば、サラリとした肌になったな…という印象を抱きました。

やはり改善したい部分が明確な場合には、ピンポイントでそこに効くと案内されているアイテムを選ぶのが一番ですね。

今回、私の場合は毛穴が気になるという悩みがあり、それゆえにC10セラムを手に取ったわけですが、希望の肌をゲットする近道として、自身に合った美容液を探してみてください^^



スポンサーリンク