スキンケア

健やかな肌を効果的にゲットしよう!頼れる優秀美容液①

栄養や高濃度の美容成分を通じて、肌に効果的に整えてくれる「美容液」。

更なる美肌を手に入れるため、是非とも取り入れたいスキンケア・アイテムですが、様々なブランドが数えきれないほどの美容液を手掛けているため、どれを使うか迷ってしまいますよね。

今回は私が試した美容液の中から、自信を持ってオススメできると感じた優秀なアイテムをピックアップの上、その概要を紹介したいと思いますので、美容液を選ぶ際の一助としていただければ幸いです^^

ニールズヤード レメディーズのワイルドローズビューティバーム

オーガニックコスメ、アロマやハーブなどを取り揃えたイギリス生まれのヘルス&ビューティブランド「ニールズヤード レメディーズ(NEAL’S YARD REMEDIES)」

“すべては自然の力で”という想いのもと、ホリスティックアプローチで、健やかな美しさを提案するブランドです。

そんなニールズヤードが贈る「ワイルドローズビューティバーム」は、一晩で濃密保湿を実現してくれる、ローズヒップの美容バーム。

“バーム状美容液”ということで、いきなり変わり種ではありますが、最近出会って個人的にほれ込んでしまったため、まず取り上げることにしました^^

“ビタミンの宝庫”と言われるローズヒップ(ワイルドローズ)から生まれた、こちらの美容バーム。

長く乾燥が続いた肌、季節の変わり目で不調を感じやすい肌をたっぷり潤し、ダメージを集中的にケアします。

肌をよりふっくらさせたいときの、マッサージバームとして利用することも可能。

とろり密着するバームが肌表面の潤いをしっかり守りながら、ゆっくりと美容成分が角質層へ浸透し、ごわつく肌を、もっちり艶めく肌へと導いてくれるのです。

肌状態に合わせて選ぶことができる、その具体的な使い方は以下のとおり。

〇ワイルドローズビューティバームの使用方法
<ベーシック:塗るだけ、簡単ケア>
使用量:パール大1~2個
乾燥が気になる肌や、肌ダメージが気になる肌に。化粧水のあとになじませ、軽くマッサージしてからハンドプレス。たっぷりの潤いを与えます。最後はクリームで整えてください。

<スペシャル:お風呂で“温めバーム”ケア>
肌がこわばる寒い夜。特に乾燥が気になる方へのレスキューケア。お風呂で湯船に浸かりながら、潤い&角質ケアまで。透明感あふれる肌に仕上がります。
使用量:パール大1~2個(お好みにあわせて調整してください)
1.洗顔後、マッサージをしながらバームをなじませます。
2.ホットタオルで、顔全体を温めます。温かく感じるお湯で絞ったコットンクロス、またはタオルをお使いください。
3.温まったら、バームを拭き取ります。

※寒い季節は、成分のシア脂が固まりやすくなります。両手のひらで温めてオイル状にしてから顔になじませてください。なお、お手入れのあとは通常のスキンケアステップで仕上げてください。

私はベーシックに取り入れているのですが、少量を手に取りハンドプレスするだけで、たっぷりの潤いに肌が喜んでいるよう^^

かといって嫌な感じにベタつくわけではなく、使い心地が非常に良くて、特に冬場は手放せないアイテムになっていました。

華やかなゼラニウムやフレッシュなローズマリー、ウッディで奥深いフランキンセンスなどをブレンドした女性力を高めるハーブの香りも、私好み。

フローラル調なのにすっきりとした、深呼吸を誘うような香りに包まれる、極上のスキンケアタイムを堪能することができます。

以前からニールズヤードの評判は耳にしていましたが、これほどの実力とは考えてもみませんでしたね。

もう少しで一つを使い切ってしまうので、更にリピートする予定です!

SOFINA iP のベースケア セラム<土台美容液>

続いてピックアップする花王 ソフィーナ「SOFINA iP」の「ベースケア セラム<土台美容液>」は、高濃度の炭酸が特徴的な“泡の美容液”です。

約2,000万個のクリーミーな炭酸の泡が肌に密着し、なめらかに広がって、角層最深部にじっくりと浸透。

過酷な乾燥環境でこわばりがちな肌を、うるおい密度の高い肌へと導いてくれます。

肌表面がなめらかになり、うるおいで柔らかくほぐれることによって、次に使うアイテムのなじみも良くなりますよ。

内からキレイが湧き上がるオーシャンエナジーの香りも、私としては好みでした。

さて泡の美容液の気になる使い方は、以下のとおり。

〇ベースケア セラム<土台美容液>の使用方法
1.容器を振らず、頭部を上にして、適量(直径3cmくらい)を手に取ります。
2.泡をつぶさないように、顔(両ほお・ひたい・あご・鼻)にのせ、やさしくゆっくりと顔全体に広げます。
3.手のひらを肌に密着させ、やさしいタッチでなじませます。内側から外へ、目元・小鼻・口元のくぼみも忘れずに。最後は全体にゆっくり圧をかけるイメージで、顔をおさえて仕上げましょう。

潤いが満ちる感覚はもちろんですが、個人的に一番気に入ったのは、とろけるような泡の感触!

とても気持ちが良く、こちらの土台美容液を使って以来、泡アイテムが好きになったかも知れません。

次に使うアイテムのなじみも良くなる、まさに“土台”美容液ということで、是非とも取り入れたい逸品です。

コスメデコルテのリフトディメンション

最後に紹介する「コスメデコルテ(DECORTÉ)」の「リフトディメンション」は、角層深部にまで効果的に働きかけるエイジングケア美容液。

フェイスラインを持ち上げるようになじませると、瞬時に上向きのハリをもたらし、まるで生まれ変わったかのような弾力感が漲る、凛と引き締まったしなやかなお肌へ導きます。

“弾力が減った平面大顔を3D小顔に”という謳い文句に並々ならぬ説得力と納得感を得て、手に取ってみました(笑)

注目すべきは世界初の配合となる、美の基盤を立て直す有用成分「グルコシルナリンギン」。

世界中で研究され、様々な効果が報告されている柑橘由来成分「ナリンギン」を、難しいとされる化粧品への応用化に成功した「グルコシルナリンギン」としてセラムに配合することで、肌のハリ・弾力へのアプローチが可能になったのだとか。

これは、かなり効きそうな感じですよね。

なおリフトディメンションの取り入れ方は、以下のとおり。

〇リフトディメンションの使用方法
1.朝と夜、化粧水でお肌をととのえたあとに使います。
2.手のひらにポンプを2回押した量を取って、お肌になじませます。
3.美容液を軽くなじませたあと、手のひら全体でフェイスラインを持ち上げるようにして、あご先からこめかみに向かって数回引き上げます。

もともとコスメデコルテというブランドに対して憧れを抱いていたこともあってか、実際にリフトディメンションを肌へのせてみて、上品な香りとやさしい使い心地にウットリ。

それでいて、なるほどハリが一気にアップするような感覚もあり、これは良いと思いました。

時間が経っても肌がもちっとしていて、継続的な使用により更なる高い効果が期待できそう。

ここのところ、たるんだ顔の表面を耳の後ろの方へ持ち上げながら、「ここが上がるだけで、随分若い印象になるのにな…」とまさに考えていましたから、“上向きのハリ”をもたらすアイテムということで、こういう美容液を待っていた!と嬉しくなってしまいます^^

やはり自身に合った美容液を取り入れることは、なりたい肌をゲットする近道と言えそうですね。