ソフトバンク光の苦情クレーム電話番号を調査!問い合わせメールも可?

月額4,180円(税込)から利用できる、超高速の自宅の光インターネット接続サービス「SoftBank 光」

ソフトバンクの携帯電話をお持ちなら、自宅のインターネットをSoftBank 光に切り替えるだけで、“携帯代が一生割引”されるといったメリットがあります。

その他にも便利なオプションサービスや、Yahoo! JAPANの特典が満載。

既に申し込み済みの方、今後の利用を見込んでいる方も大勢いらっしゃるものと推察いたしますが、SoftBank 光に関する苦情・クレームがある場合、どこへ連絡を入れると良いのでしょうか?

「SoftBank 光」に関する問い合わせ窓口をチェック!

(画像引用:https://news.mynavi.jp/top/digital/mobile/net_hikaku/)

さてSoftBank 光公式ページのトップに目をとおしてみると、「SoftBank 光 お申し込み」また「ご利用料金・提供エリアについて」の連絡を受け付ける窓口として、下記の電話番号が案内されていました。

〇SoftBank 光 お申し込み/ご利用料金・提供エリアについての相談窓口
0120-981-072(午前9時から午後10時まで受付)
※折り返し電話予約は、こちらから。翌日以降のご希望日時にご連絡致します(24時間受付)。

出典:【公式】SoftBank 光

トップページの随所に見られるこちらのフリーダイヤルが、SoftBank 光の代表的な窓口にはなるようですね。

ただ、受付内容が明確に限定されているため、苦情・クレーム連絡には対応していないでしょう。

そこで更にページをスクロールしたところ、「お問い合わせ」という見出しの下に、「料金やお申し込みについてさらに知りたい方はこちら」とのアナウンスを添えて、「チャットで相談」ボタンが設置されていました。

お問い合わせの手段として提示されているのは、こちらのチャットのみ。

これではやはり、苦情・クレームを受け付けてもらえそうにありません。

気を取り直して、今度は「特定商取引法に基づく表示」ページにアクセス。

すると「ソフトバンク株式会社」の企業サイトに誘導され、ソフトバンク株式会社の問い合わせ先である、以下の窓口を確認することができました。

〇ソフトバンク株式会社 お問い合わせ先
ソフトバンクカスタマーサポート総合案内
ソフトバンク携帯電話から 157(無料)
一般電話から 0800-919-0157(無料)
<受付時間>
自動音声応答サービス:24時間(メンテナンス時間を除く)
オペレーターによる電話対応:午前10時から午後7時まで(一部のお問い合わせを除く)
オペレーターによるチャット対応:午前9時から午後8時まで
(一部のお問い合わせを除く)

出典:特定商取引法に基づく表示|ソフトバンク

上記はSoftBank 光の専用窓口ではありませんが、他にそれらしき窓口が見当たらないため、状況によってはサポートを仰いでも良いかも知れませんね。

なお、こちらのフリーダイヤルに対応するような、問い合わせ用のメールフォームなどは設置されていませんでした。

メニューから、SoftBank 光の問い合わせ情報を確認しよう!

ともあれソフトバンク株式会社の企業サイトの方が、問い合わせ情報についてより詳しく案内していると感じたため、同サイトを更に深堀してみると、SoftBank 光の問い合わせ情報をまとめたこちらのページに行き付くことができました。

「SoftBank 光 お問い合わせ」と銘打たれた同ページには、「不具合・機器故障」「契約確認・変更手続き」「料金・支払い」「接続・設定」「工事関連」「キャンペーン・おうち割」「解約・キャンセル」「お引っ越しの手続き」「機器の配送・返却(開通前レンタル含む)」「固定電話・テレビサービス」という10のメニューに大別したうえで、SoftBank 光に関する様々な情報がまとめられています。

その他にも、「よくあるお問い合わせ」「関連サービスのお問い合わせ」「ヤフーサービス・機器メーカーのお問い合わせ」「お知らせ」といったトピックが見られ、大変参考になりますから、困りごとがあれば是非一読してみてください。

ただし各項目の詳細に目をとおしても、掲載された内容以外で問い合わせる場合には、チャットを活用するようにと誘導されますね…。

別途こちらのページより、各ソフトバンクショップ直通の電話番号を調べることもできるのですが、SoftBank 光が個別の苦情・クレームに対応するコレといった電話窓口等を備えているとは言い難く、消化不良な感は否めませんでした。

SoftBank 光の解約方法は…?

苦情・クレームを抱えるような事態になれば、SoftBank 光の解約を検討される方もいらっしゃるものと推察いたします。

SoftBank 光の解約手続きは、解約前の準備・解約のお手続き・解約後のお手続き(機器の返却)という3つのステップで進むので、その詳細についても、押さえておきましょう。

まずは解約前の準備として、注意事項の確認を済ませます。

留意しておきたいのは、契約解除料金や工事費残債の支払いが必要になる場合があること、オプションで電話サービスをご利用の方は電話番号が利用できなくなること、番号ポータビリティをご希望の場合は事前に他社の光コラボレーション事業者へお問い合わせする必要があることなど。

詳しくは、こちらも参照してください。

なお契約解除料金に関しては、My SoftBankにて確認することができます。

事前に、撤去工事立会いの準備をする必要もありますね。

立ち会いが可能な場合は、お立会い希望日を3つ用意。

すでに移転済み等で立ち会いが難しい場合には、戸建て(自己所有)であれば解約のお申し込み時にサポートスタッフへその旨を伝え、戸建て(賃貸)や集合住宅であれば管理会社の情報(管理会社名・連絡先・担当者名)を用意しておきましょう。

続いては、解約のお手続きについて。

解約は、解約希望日の6営業日前(土日祝除く)までに、お電話にて申し込むシステムです。

解約希望日の90日前から受付可能となるので、早めの連絡を心掛けてください。

自動更新プランをご契約中の方で、自動更新を希望しない場合には、契約解除料不要期間の最終月の15日までに、お電話にて申し込めばOK。

契約解除料不要期間の確認方法は、こちらにまとめられています。

解約のお申し込みは、サポートセンターへ。

通話料無料のフリーコール、186+0800-111-6710まで連絡を入れます。

受付時間は10:00~19:00で、一般電話、携帯・PHSより利用可能。

一方、スカパー、Netflix、ひかりTV、スマートレスキュー、がっちりパック、プレミアムTVをご契約中の方に関しては、ご自身にて解約のお手続きをしていただく必要がありますから、あらかじめ留意しておきましょう。

最後に、解約後2週間までに完了する必要がある、解約後のお手続き(機器の返却)について。

SoftBank機器、NTT機器とで返却方法が異なるため、レンタル機器をご確認の上、間違えのないよう返却しなければなりません。

機器の返却に関しては、こちらの項目が写真付きで分かりやすいので、一読されることをお勧めいたします。

SoftBank 光から他の光コラボレーション事業者へ変更(乗り換え)する場合は、NTTロゴの入った機器は継続利用となるため、返却は不要です。

なお、機器が破損していたり、返却期日までに返却がなかった場合には、規定/規約に基づき、規約金または修理交換料金をお支払いいただくことあるといいますから、十分注意してください。

解約手続きの流れは以上ですが、その他、料金の確認等についても、併せてチェックしておきましょう。

解約後のご請求額は、ご解約後6か月までは、My SoftBankにて確認することができます。

料金明細を印刷する場合にも、My SoftBankを利用すると良いですね。

ちなみに工事費の残債がある場合には、一括でのお支払いとなるため、注意しましょう。

請求のタイミングは、原則として、サービス終了日の翌月が最終請求となります。

ただし、契約内容やお支払方法によってもタイミングが異なりますので、留意してください。

気になる解約時の“解除料”に関しては、契約解除料不要期間以外で解約した場合に、解除料金が掛かるシステム。

自動更新なしプランにご加入の場合は、解除料金が掛かりません。

以上、解約を検討する際の参考にしてみてください。