コスメ

お値段以上の価値がある!?見逃せないプチプラコスメ③

お手頃価格且つショッピングセンター等で手軽に購入できる点が魅力ながら、近年はデパコスに勝るとも劣らないほど優秀なアイテムも多い「プチプラコスメ」。

プチプラであれば思い切ったカラーにも挑戦しやすいですし、コスメ好きさんたちの強い味方だと感じます。

今回の記事では、そんなプチプラコスメを展開するブランドの中から、私が特に気に入っている2ブランドをピックアップ。

オススメのアイテムに関しても具体的な情報をまとめましたので、参考になれば幸いです。

なお以前にも同様のテーマで2記事をアップしていますから、よろしければそちらも併せてどうぞ^^

お値段以上の価値がある!?見逃せないプチプラコスメ②お安く買い求めることができる、コスメ好きの強い味方「プチプラコスメ」。今回は、私自身が試して特にオススメしたいと感じたプチプラコスメのブランドについて、具体的な情報をまとめたいと思います。なお以前にも同様のテーマにて一記事をアップしていますから、よろしければそちらも併せてどうぞ^^...

エクセル

今回最初にご紹介するのは、ノエビアグループの常盤薬品工業が手掛けるメイクアップブランド「エクセル(excel)」です。

自分なりのこだわりを持ちながら常に新しい変化を楽しみたいあなたへ向けて、東京発信のリアルなトレンドメイクを直感で使える“スマートコスメ”にて提案する同ブランド。

リッチなトレンドスタイルを自由に・カジュアルに取り入れることで、“一歩先行く自分”になれると謳われています。

そんなエクセルが展開するアイテムで個人的に一番気に入っているのは、色と質感の重ね着を楽しむファッション感覚のアイシャドウ「リアルクローズシャドウ」。

4色のアイシャドウパレットで、絶妙なカラー展開とこだわりの質感が好評を博していますね。

重ねてもくすまないクリアな発色でナチュラルに溶け合う4カラーは、微細なカラーパールを贅沢に配合することにより、重ねるほどに極上のツヤ感を演出。

更にはガラスパールなど大粒の輝きを凝縮したシャイニーカラーで、きらめきのプラスオンも自由自在です。

うっとりするほどリッチな質感ながら、軽いタッチで伸びて重ねやすいテクスチャーも魅力。

なおパレットの左上から反時計回りに、以下のカラーが配置されています。

〇リアルクローズシャドウの4カラー
①ベースカラー:アイホール全体をトーンアップ
②アクセントカラー:目尻にポイントで入れたり、広くぼかしてニュアンスをプラス
③シェードカラー:陰影を付けたり、キワの締色に
④シャイニーカラー:アイホールの中心や下まぶたに金&ガラスパールのきらめきをオン

使い方は、次のとおり。

〇リアルクローズシャドウの使用方法
<BACIS>
①②③でグラデーションをつくり、④のシャイニーカラーをアイホールや下まぶたなど、お好みのポイントにオン
<TREND>
③のシェードカラーを使わず①②④の明るいカラーのみで仕上げると、色味やパールが際立って、より印象的な目元になります。②を下まぶたに効かせるのもおすすめです

私は素直に、BACISの方法で取り入れていますね。

そしてファッション感覚で選べるパレットの定番6色は、以下のようなラインナップ。

〇リアルクローズシャドウ 定番6色
1.CS01 テラコッタブーティ
鮮やかテラコッタオレンジでカジュアル&ヘルシーeye
2.CS03 ローズピンヒール
繊細なくすみローズでクラシカル&フェミニンeye
3.CS04 プラムニット
透け感のあるプラムピンクでピュア&スイートeye
4.CS05 ベージュムートン
柔らかベージュとカーキでナチュラル&モードeye
5.CS07 フラワーバレッタ
ピンクにラベンダーの輝きを重ねてピュア&ビューティeye
6.CS14 シナモンスエード
抜け感ボルドーとオレンジの輝きでクラシカル&カジュアルeye

私が愛用しているのは、4.の「CS05 ベージュムートン」。

カーキということで扱いづらく思われるかも知れませんが、柔らかなベージュと組み合わせてグラデーションを作れば、自然で上品な印象に。

また4色の割合を変えることで、あらゆるシーンに対応してくれます。

パーティーといった華やかな席では、②アクセントカラーのカーキを気持ち多めにして、③シェードカラーの締色を意識的に目立たせつつ、④シャイニーカラーをアイホールの中心と下まぶたにたっぷりオン。

これだけで、非常に華やかな印象に仕上がりますよ^^

リアルクローズシャドウの他には、言わずと知れた名品「パウダー&ペンシル アイブロウEX」も使用しています。

発売以来のロングセラーとなっている同アイテムは、ペンシル+パウダー+ブラシを1つにセットした“三位一体型”アイブロウの先駆けとして愛用者を増やし、各メディアにおいてもベストコスメなどの賞に輝いてきました。

「ペンシル」で隙間埋めや眉尻のラインを整え、パール感とフィット感を備えた「パウダー」にて全体に濃淡を。

最後にやわらかタッチの「スクリューブラシ」でぼかして完成させると、3ステップ1本にて誰でも簡単に、立体的な美人眉が作れるのです。

髪色に合わせて欲しかった色が必ず見つかる、全8色展開。

〇パウダー&ペンシル アイブロウEX 8色
PD01 ナチュラルブラウン
PD02 キャメルブラウン
PD05 グレイッシュブラウン
PD07 モカブラウン
PD08 ハニーブラウン
PD10 ピンクブラウン
PD11 アプリコットブラウン
PD13 アッシュグレイ

私は眉毛の量が多く、割と主張が激しいため(笑)、気持ち明るめかな?と感じるくらいの色をチョイスしていますね。

いずれにしてもパウダー&ペンシル アイブロウEXを駆使すれば、どことなくあか抜けた印象の眉を簡単にゲットすることが可能。

今後も引き続き、お世話になる予定のアイテムです。

エレガンス クルーズ

続いてピックアップするのは、エレガンスから2015年にデビューを果たしたメイクライン「エレガンス クルーズ」

ライン名にある“クルーズ”からイメージする極上のスタイルと解放感を提案し、オンとオフなど様々なシーンにフィットするよう、色遊びをしながら自由にメイクが着替えられる豊富なカラーバリエーションを取り揃えたブランドです。

個人的な意見を率直に申し上げれば、少々“プチプラコスメ”という印象が薄いのですが、美容誌などのプチプラメイク特集に取り上げられているため、ここでも焦点を当ててみました。

さて私がエレガンス クルーズで気に入っているのは、豊かなカラーバリエーションで彩るプレストタイプのアイカラー「アイカラー プレイフル」。

何と全30色がラインナップされており目移りしますが、愛用しているのは優美で魅惑的なブライトイエローがまぶしい「VI03」ですね。

“色も輝きも、自由にドラマティックに”とのキャッチコピーどおり、感情を揺さぶってくるような色味で、一塗りすれば何となく元気が出るよう^^

指先でラフな感じに付け、オシャレに仕上げるのが好みです。

日によっては同じくエレガンス クルーズの「ファインカラー」を重ね、ラメとパールをプラス。

こちらのファインカラーも魅力的なアイテムながら、先ほど公式サイトをチェックしたところ、既に生産終了を終了している模様ですね…。

また、みずみずしいウォーターベースでクリアな発色が内側からにじみ出るような自然な血色感を演出してくれた「ラディ ウォーター」も、しっかりと肌に密着して付けたての美しさが持続する、めずらしい“水チーク”として話題を呼んでいたのですが、現在は販売されていないみたい(泣)

ファインカラー・ラディ ウォーターともに、旅先で出会った美術品のような風情あふれるデザインにも心惹かれていたため、残念としか言いようがありません。

そう考えると、心ときめくコスメとの出会いも“一期一会”。

コレ!というアイテムに巡り合うことができたならば、迷わずゲットするよう心掛けたい…などと考えるのでした^^;